|【変形性頸椎症】首の痛みについて|サイトマップ


スポンサードリンク


変形性頸椎症とは?
変形性頸椎症とは中高年以降の方に多く見られる疾患です。
神経根という脊髄から出ている部位が、圧迫を受けることで起こる病気で、原因は頸椎の老化に関連する靱帯の石灰化・脊椎の骨棘(こっきょく)・頸椎関節の変形・頸椎の椎間板の変形などです。

●変形性頸椎症の症状
変形性頸椎症においては、体全体に症状が出るようになります。
・肩こり
・首筋のハリ
・頸椎の変形
・痛み(キリキリした痛み・鈍痛など)
・手の感覚異常
・頸部の可動域の制限
・腱反射異常
・手や指のしびれ
・疲労感
・歩行障害
・排尿障害
・直腸、膀胱の障害など

●変形性頸椎症の治療
特に治療を必要としない疾患です。
・長時間に渡って同一姿勢を続けない
・正しい姿勢を保つ
・首や肩の筋力を上げるトレーニングや体操を行う
これらを実践するだけで、症状に改善が見られるようになります。

※痛みが強い場合は?
湿布薬、筋弛緩薬、非ステロイド性消炎鎮痛薬を使って様子を見ます。

●油断は禁物
変形性頸椎症自体は深刻な病気ではありませんが、場合によっては「頸椎症性脊髄症」や「頸椎症性神経根症」などの病気に移行して、運動障害などの症状が現れるようになることがあります。

あまり首のハリやコリが続く場合には、上記の病気を防ぐ為にも整形外科を受診するようにしてください。
⇒ 変形性頸椎症の症状
【変形性頸椎症】首の痛みについてTOP


スポンサードリンク


copyright©2010  【変形性頸椎症】首の痛みについて  All Rights Reserved |お問い合わせ・免責