|【変形性頸椎症】首の痛みについて|サイトマップ


スポンサードリンク


装具療法
変形性頸椎症は早期に治療を始めることで、症状の改善するスピードが異なります。症状を感じた時点で、頸椎カラーやギプスで固定するなどの装具療法を行うと症状改善に効果があります。

●装具療法って?
人間の体はメカニカルストレス(圧迫など)や関節の不安定さに伴う筋肉などの炎症が起きると、痛みが生じます。

こういった症状を改善させる為に「装具療法」を用います。
◆装具療法の目的
・筋肉や骨にかかるメカニカルストレスを抑え、痛みを取り除く
・正常な関節の動きを妨げることなく、体の不安定さを除去する

装具療法では、頸椎カラーなどで患部を固定しますが、長期間の使用は逆に筋萎縮などの状態を招いてしまいます。この結果、体の状態が悪くなってしまいますから、様子を見ながら装具療法を行うことが大切です。

※病院によっては、症状が重くない場合には、頸椎カラーは夜間のみの使用・または期間を決めて頸椎カラーを装着する指導を行っているようです。

●装具療法でも改善しない場合は?
薬物療法や理学療法(装具療法を含む)を行っても、患者さんによっては頸部痛やこわばりなどの症状が改善されず、逆に症状がひどくなる方もいます。

こういった場合には、ブロック治療やラジオ波(RF療法)を行ったり、手術を選択するケースもあります。
⇒ 変形性脊椎症
【変形性頸椎症】首の痛みについてTOP


スポンサードリンク


copyright©2010  【変形性頸椎症】首の痛みについて  All Rights Reserved |お問い合わせ・免責