|【変形性頸椎症】首の痛みについて|サイトマップ


スポンサードリンク


変形性脊椎症
変形性脊椎症とは脊椎が老化して起こる症状です。
脊椎は、体を支えているとても重要なものであるだけに、脊椎に異常が起きると様々な症状が出るようになってしまいます。

『脊柱管狭窄』
『椎体後縁の骨棘形成』
『椎間板の変形』
これらが起こることで脊髄が圧迫されてしまいます。

●変形性脊椎症の症状
◆頸椎が変形した場合
・知覚異常
・首、腕、肩の痛み
・手のしびれ
・ヒモが結びにくい
・お箸が上手に使えなくなる
・一過性のめまい
・意識障害
・気絶

◆胸椎・腰椎が変形した場合
・背中、腰の痛み(鈍痛)
・足のしびれ
・神経痛症
・スポーツ時の痛み

稀に、頻尿や残尿感、排尿障害が起きることもあります。

●変形性脊椎症を改善するには?
◆急性期
・脊椎の固定
腰のコルセットや脊椎カラーなどを使用すること
・首の曲げ伸ばしを避ける
・指圧はしない

上記で述べたような症状がほとんど解消してきたら、筋力を上げる為のストレッチやエクササイズ、トレーニングなど、自分に合った運動を始めるようにしましょう。

●変形性脊椎症に効果的な運動
・腰痛体操(背骨の歪みを矯正する)
・腹筋の強化

また、状況を見ながら、牽引療法や温熱療法、マッサージなども行うといいでしょう。くれぐれも無理をせず、医師のアドバイスどおりに治療を進めることが大切です。
⇒ むち打ち
【変形性頸椎症】首の痛みについてTOP


スポンサードリンク


copyright©2010  【変形性頸椎症】首の痛みについて  All Rights Reserved |お問い合わせ・免責