|【変形性頸椎症】首の痛みについて|サイトマップ


スポンサードリンク


むち打ち
交通事故などによって、慢性的な症状が出るようになる「むち打ち」を起こすケースはよく見られます。

むち打ちとは、その名前の通り、事故やスポーツ時に頸部(首の骨)がムチのようにしなって椎間板や筋肉、神経などに障害が起きる症状を指します。

レントゲンなど画像検査を行っても、原因となるものが写し出されることの少ないむち打ち症。首を初めとし、全身に運動制限が起きるようになったり、痛み・こわばりなどありとあらゆる症状が出て、時には心因性の症状も出ることがあります。

●むち打ちの分類
むち打ちは以下のタイプに分類されます。
◆頚椎捻挫型(全体の70〜80%を占めます)
・首や肩の痛み
・背中や肩のコリなど

◆頚髄損傷型
・手のしびれ
・知覚障害
・上半身または下半身の筋力の低下など

◆バレ・リュー症候群(頚部交感神経刺激症状型)
・目がかすむ、ぼやける
・耳鳴り
・めまい
・頭痛など

◆神経根損傷型
・胸痛
・腕のしびれ、強い痛みなど

むち打ちの症状は、初期に適切な治療をいかに行ったかで、後遺症の出方などに影響します。(※治療を適切に行っても、重い後遺症に悩まされることもあります)

病態にはかなり個人差がありますから、改善にかかる期間の予測もつきません。交通事故の場合、被害者の方は安易に保険会社の提示する低い示談金で合意しないようにしてくださいね。
⇒ 四十肩・五十肩
【変形性頸椎症】首の痛みについてTOP


スポンサードリンク


copyright©2010  【変形性頸椎症】首の痛みについて  All Rights Reserved |お問い合わせ・免責