|【変形性頸椎症】首の痛みについて|サイトマップ

変形性頸椎症について
首を回すと痛い、首が回らない、年齢を重ねる毎に首の老化は進みます。中高年の首の痛みの原因で多いのが、変形性頸椎症と呼ばれる病気です。
当サイトはこの「変形性頸椎症」について原因や症状から治療についてまで、詳しく説明している情報サイトです。あなたの首の痛みは、もしかするとこの病気のせいなのかもしれません・・・。

スポンサードリンク


頚椎について
頭の重さは、体重が50キロくらいの人であれば約6キロほどあるのだそうです。2キロのダンベルでも、持てば結構ずっしりときますからその3倍ともなるとかなりの重さになりますね。
さらに詳しく⇒ 頚椎について

変形性頸椎症とは?
変形性頸椎症とは中高年以降の方に多く見られる疾患です。神経根という脊髄から出ている部位が、圧迫を受けることで起こる病気で、原因は頸椎の老化に関連する靱帯の石灰化・脊椎の骨棘(こっきょく)・頸椎関節の変形・頸椎の椎間板の変形などです。
さらに詳しく⇒ 変形性頸椎症とは?

変形性頸椎症の症状
頸椎(首の骨)は、7個の椎骨から成っています。加齢と共に頸椎に負担がかかるようになり、「変形性頸椎症(頸部脊椎症)」という病気を発症することがあります。
さらに詳しく⇒ 変形性頸椎症の症状

変形性頸椎症の原因
神経根や脊髄は、変形してしまった頸椎と一緒に「脊柱管」と呼ばれる背骨の空間の中に収まっている為に、頸椎に徐々に圧迫されるようになっていきます。
さらに詳しく⇒ 変形性頸椎症の原因


変形性頸椎症の治療
ここからは変形性頸椎症の治療についてご紹介していきます。
治療法として、薬物療法・理学療法・装具療法の3つについて詳しく説明していきましょう。

薬物療法
変形性頸椎症は高齢者に好発する疾患です。まず行われるのが筋弛緩剤、消炎鎮痛剤、ビタミン剤などの服用です。
さらに詳しく⇒ 薬物療法

理学療法
変形性頸椎症の治療法の一つに「理学療法」があります。ホットパック(温熱療法)、マッサージ、牽引がそれに当たります。
さらに詳しく⇒ 理学療法

装具療法
変形性頸椎症は早期に治療を始めることで、症状の改善するスピードが異なります。症状を感じた時点で、頸椎カラーやギプスで固定するなどの装具療法を行うと症状改善に効果があります。
さらに詳しく⇒ 装具療法


その他の病気
変形性頸椎症に関係するその他の病気についてご紹介しています。
変形性脊椎症・むち打ち・四十肩五十肩について、それぞれ説明していきましょう。

変形性脊椎症
変形性脊椎症とは脊椎が老化して起こる症状です。脊椎は、体を支えているとても重要なものであるだけに、脊椎に異常が起きると様々な症状が出るようになってしまいます。
さらに詳しく⇒変形性脊椎症

むち打ち
むち打ちとは、その名前の通り、事故やスポーツ時に頸部(首の骨)がムチのようにしなって椎間板や筋肉、神経などに障害が起きる症状を指します。
さらに詳しく⇒ むち打ち

四十肩・五十肩
四十肩、五十肩の正式名称は、「肩関節周囲炎」と言い、整形外科疾患です。超音波検査やレントゲン検査で科学的に症状を判断し、必要であればMRI検査を行うこともあります。
さらに詳しく⇒ 四十肩・五十肩


スポンサードリンク


お役立ちリンク集
日本上部頸椎カイロプラクティック協会
むち打ち治療協会 全国むち打ち症状専門サイト
むち打ち症ドットコム
稽留流産と切迫早産
首の痛みマニュアル

copyright©2010  【変形性頸椎症】首の痛みについて  All Rights Reserved |お問い合わせ・免責